コスト削減のためにも3dプリンターを|メーカー側のメリットも多い

インク

消耗品のコストを節約

コピー機や複合機にはいくつかのメーカーが存在しますが、中でも京セラ製品は印刷品位の高さや速度の速さが特長です。京セラのOA機器を導入するには、故障時の基本修理費が無料となる保守契約でのリースが有利です。保守契約料金には消耗品のトナー代も含まれているため、印刷枚数の多い企業ほどコスト節約になります。

製品開発における効率化

3Dプリンター

導入のメリット

最近になって3dプリンターを導入するメーカーが増えてきました。3dプリンターを導入することによって、メーカー側が様々なメリットを得られるからです。実は3dプリンターを古くから導入しているメーカーは存在していました。そうした環境の下において、技術の発達により価格が下がってきたことから、導入するメーカーが増えてきたのです。3dプリンターとは、作成されたデータを元に造形物を製作する機器です。特に日々の業務の中で、試作を繰り返し行うメーカーには必要不可欠なものです。3dプリンター導入のメリットは、まず開発期間の短縮が挙げられます。それまで他の企業に試作の製作を依頼していた会社が、自社で製作することによって、商品具現化までの期間を短縮が期待できます。次に製造コストの削減です。商品開発をする際、実際に作ってみないと気付かないことは多々あります。試作品を作ることによって、特に設計上の改善点を発見することができます。改善点を発見することによって、無駄になってしまう商品製造をなくすことができます。3dプリンターは業務の効率化にも効果を発揮します。試作品をすぐに確認・利用できることによって、業務全体の効率化が見込めるのです。社内でのプレゼンテーションでの利用や、問題点の早期発見などのメリットがあります。また簡単に試作品を作れることで、結果的に品質の向上にも貢献します。自分たちが納得がいくまで試作品製作を繰り返すことができ、最終的に高品質な商品を作り出すことが可能になります。

3Dプロッタ

第3次産業革命の筆頭

立体的なオブジェクトが造れる機械を3Dプリンターといいます。試作品を造る機械として使われていた3Dプリンターも、今では様々な場所で利用されており、活動する幅を広げています。また、3Dプリンターを導入することで、開発にかかるコストや期間を減らすことができるのです。

インキ

通販も購入が可能

シャープのトナーを購入する方法はたくさんありますが、まず第一に公式から購入する手段があります。その他に通販サイトなどで格安で商品を購入することもできますし、ランニングコストを下げたい場合にはリサイクルトナーも選ぶことができます。